国連「持続可能な開発のための教育(ESD)の10年」の地域拠点『中部ESD拠点』

文字サイズ
RCE Chubu

> 組織

組織

中部ESD拠点役員名簿

代表 飯吉 厚夫(中部大学 理事長・総長)
共同代表 松尾 清一(名古屋大学 総長)
運営委員会委員長 竹内 恒夫(名古屋大学 教授)
運営委員会委員 別所 良美 (名古屋市立大学 教授)
羽後 静子 (中部ESD拠点推進会議)
宮川 秀俊 (中部大学 教授)
伊串 博    (ユネスコスクール・コンソーシアム愛知 コーディネータ)
朴 恵淑    (三重大学 教授)
平田 勇人 (朝日大学 教授)

中部ESD拠点委員会参加団体はこちら

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1-01  中部ESD拠点「基盤部門」では、中部ESD拠点がこれまでに構築した「流域圏ESDモデル」をはじめとしたESD推進の理念の発展と、その具現化をめざします。
モデルの具体化のために、この流域圏で過去10年に蓄積された諸活動を深く理解し、それらの連携を発展させて、市民NPO、企業、ユース(学生)、行政、大学などが連携するプロジェクトを企画・実行し、ESD実践の地域社会への定着をはかり、グローバルに発信します
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1-03 中部ESD拠点「実践部門」では、中部ESD拠点の活動理念を踏まえた教育実践を推進します。当面は、地域の多様な主体の協働によるESDの地域発展を目指し、ユネスコスクールをはじめとする学校教育に関わるESDの実践及び支援活動を行います。

産官学民の協働によるユネスコスクール及び学校教育現場におけるESD活動の支援を行うためのコンソーシアムを活用し、東海・中部地域のESD実践を発展させます。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1-02  中部ESD拠点「研究部門」は、ESDの発展に向けて、専門的・戦略的・シンクタンク的機能を担います。また、産官学民の戦略的連携によって「中部ESD拠点」の短期、中・長期的戦略を提案、実施します。具体的には、企業との連携による、「ものづくり」の強みを活かしたESDモデルの構築や、高等教育機関との連携によるESDカリキュラムの情報共有および手法の確立、国際連携では、アジア・太平洋地域でのESDコンソーシアムの構築などをめざします。また、ESDの推進に不可欠な資金の流れについても、研究を推進していきます。