国連「持続可能な開発のための教育(ESD)の10年」の地域拠点『中部ESD拠点』

文字サイズ
イベント案内

ホーム > イベント案内

イベント案内

「中部サステナ政策塾」第4回講座

「中部サステナ政策塾」第4回講座フィールドワーク

テーマ:「長良川流域圏のサステナビリティを考える」

 

  • 開催目的

中部サステナ政策塾では,地域課題を現地で学び,課題解決に向けた方法や政策を考えることを目的としたフィールドワークを,東海三県内(伊勢・三河湾流域圏内)で実施しています.今年度のフィールドワークは長良川流域圏を対象に,上流では里山保全のための獣害対策と猟師文化など,自然と人々の暮らしの共生について学びを深めます.また,長良川流域における自然の恵みと自然の脅威の両側面を学ぶため,中流・下流では,内水面漁業(漁協)や輪中集落(堤防で囲まれた集落)を訪問し,流域に暮らす人々の生活の知恵から地域の持続可能性を考えます.

 

  • 開催日時

2018年10月13日(土)~14日(日)一泊二日

 

  • 行先

愛知県犬山市、岐阜県 郡上市,美濃市,関市,三重県 桑名市

 

プログラム

10月13日(土)1日目
8:00 名古屋駅出発
9:00 木曽川観光乗船場 到着(愛知県犬山市)
  講師:石田 芳弘 氏(中部大学 客員教授)
12:00 清流長良川鮎パーク 到着(岐阜県郡上市白鳥町)
  講師:朱 琳 氏(中部大学 講師)
14:30 猪鹿庁 到着(岐阜県郡上市八幡町)
  講師:安田 大介 氏
17:00 宿泊施設チェックイン(岐阜県郡上市白鳥町)
17:30 夕食(準備含む)
 ~長良川流域の食材からサステナビリティを考える~
   講師:伊藤 邦夫 氏
20:00 自由
23:00 消灯
10月14日(日)2日目
6:00 起床
6:30 朝食
9:00 長良川中央漁業協同組合 到着(岐阜県美濃市)
  講師:小林 浩也 氏
10:40 関鍛冶伝承館 到着(岐阜県関市)
11:45 昼食(けいちゃん・からあげ 食事 香月)
14:00 アクアプラザながら 到着(三重県桑名市長島町)
15:00 輪中の郷 到着(三重県桑名市長島町)
  講師:諸戸 靖 氏
17:45 第5回ESD日本ユース・コンファレンス
19:00 名古屋駅・解散

「中部サステナ政策塾」第3回講座

「中部サステナ政策塾」第3回講座
テーマ:地域の生態系とサステナビリティ
日時:2018年9月20日(木)18:00-20:00

場所:中部大学名古屋キャンパス(6階大ホール)

愛知県名古屋市中区千代田5-14-22 (JR鶴舞駅 名大病院口出てすぐ)

主催:中部ESD拠点協議会

助成:地球環境基金

協力:愛知学長懇話会

プログラム

18:00-18:10 開会の挨拶

第一部
18:10-18:55 講演:「再生可能エネルギーの地消地産と新電力」
– エネルギーシフト、持続可能な地域エネルギーへ向けて-

講師:平沼 辰雄 先生(㈱リバイブ代表取締役会長)

第二部

18:55-20:00 ディスカッション

 

講師プロフィール

平沼 辰雄 先生(㈱リバイブ代表取締役会長)

1952年7月愛知県生まれ。おひさま自然エネルギー(株)代表取締役。新城自然エネルギー
㈱代表取締役。一般社団法人三河の山里問題解決ファーム理事。中小企業家同友会全国協議会地球
環境委員会委員長。一般社団法人CSRコミュニティ代表理事。

**********************************************

中部サステナ政策塾の概要

目的:持続可能な地域のための政策立案・提言ができる人材(ポリシー・メーカー)を育成します。

講座:ゲスト講師による講演とディスカッションなどの座学と、地域でのフィールドワークを実施します。

講師:政治家・学識経験者・企業家・NPO関係者など、第一線で活躍する多彩なゲスト講師を迎えます。

期間:2018年6月~2019年2月、座学とフィールドワークの合計10回開催。

塾生:20-30代の若者約30名   詳しくはホームページへ(http://sustena-policy.jpn.or

「中部サステナ政策塾」第2回講座

「中部サステナ政策塾」第2回講座
テーマ:地域の生態系とサステナビリティ
日時:2018年7月19日(木)18:00-20:00

場所:中部大学名古屋キャンパス(6階大ホール)

愛知県名古屋市中区千代田5-14-22 (JR鶴舞駅 名大病院口出てすぐ)

主催:中部ESD拠点協議会

助成:地球環境基金

協力:愛知学長懇話会

 

プログラム

18:00-18:10 開会の挨拶

第一部
18:10-18:55 講演:「 地域の生態系とサスティナビリティ

~琵琶湖・淀川水系のガバナンスとの関係で~」

講師:嘉田 由紀子(元滋賀県知事、元環境社会学会会長)

第二部

18:55-20:00 ディスカッション

 

第2回講座は公開講座として、塾生以外の方にも公開します。ご希望の方は、7月17日(火)までに、下記問い合わせ先までお名前、ご所属(あれば)をご連絡ください。年齢・職業等を問わず、どなたでもご参加いただけます。参加費は無料です。

 

講師プロフィール

嘉田 由紀子 先生(元滋賀県知事、元環境社会学会会長)

1973年 京都大学農学部を卒業。1981年 京都大学大学院農学研究科博士課程、ウイスコンシン大学大学院を修了。京都大学より農学博士(論文名『琵琶湖の水問題をめぐる生活環境史的研究』)を授与される。滋賀県立琵琶湖博物館研究顧問、京都精華大学人文学部教授を歴任し、2006年の滋賀県知事選に当選して全国で5人目の女性知事となる。2014年10月びわこ成蹊スポーツ大学の三代目学長に就任(~2017年9月)。

 

**********************************************

中部サステナ政策塾の概要

目的:持続可能な地域のための政策立案・提言ができる人材(ポリシー・メーカー)を育成します。

講座:ゲスト講師による講演とディスカッションなどの座学と、地域でのフィールドワークを実施します。

講師:政治家・学識経験者・企業家・NPO関係者など、第一線で活躍する多彩なゲスト講師を迎えます。

期間:2018年6月~2019年2月、座学とフィールドワークの合計10回開催。

塾生:20-30代の若者約30名   詳しくはホームページへ(http://sustena-policy.jpn.org

**********************************************

 

お申し込み・お問合せ先

中部ESD拠点協議会 事務局

E-mail: office@chubu-esd.net

FAX: 0568-51-4736      TEL: 0568-51-7618

「中部サステナ政策塾」2018年度開講記念公開シンポジウム

「中部サステナ政策塾」2018年度開講記念公開シンポジウム

(2018年度第1回講座)

 

■ 日時:2018年6月16日(土)13:30~16:40

  • 場所:ウィンクあいち 901大会議室

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38

◎JR名古屋駅桜通口から ミッドランドスクエア方面 徒歩5分
◎ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分

  • 主催:中部ESD拠点協議会
  • 助成:地球環境基金
  • 協力:愛知学長懇話会
  • 開催趣旨:中部サステナ政策塾では、2018年度開講記念公開シンポジウムを開催いたします。持続可能な社会を実現する人材には、批判的思考力、多面的・総合的思考力、未来を予測して計画立案する能力などが求められます。第一回講座では、中部サステナ政策塾の趣旨やその背景を説明したのち、特別講師に武田邦彦教授、コメンテーターに小出宣昭氏をお迎えし、サステナビリティとは何か、について考えます。

 

<プログラム>

13:30 開会のあいさつ

13:40 背景説明(サステナブル社会のための人づくり)

14:10 第3期中部サステナ政策塾活動紹介

14:25 ~休憩~

14:40 特別講演「私にとってのサステナビリティ」

15:30 対談 武田邦彦氏・小出宣昭

16:00 全体討論

16:35 閉会の挨拶

 

 

 

「2017年度 中部サステナ政策塾」活動発表交流会

「2017年度 中部サステナ政策塾」活動発表交流会

 

日  時:2018年2月3日(土)13:00~17:00 (12:30開場)

場  所:中部大学名古屋キャンパス 6階大ホール

名古屋市中区千代田5-14-22(JR鶴舞駅 名大病院出口出てすぐ)

主  催:中部ESD拠点協議会

助  成:地球環境基金

協  力:愛知学長懇話会(サステナビリティ企画委員会)
後  援:国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)

開催趣旨:20代30代の若者を対象に、持続可能性(サステナビリティ)に関する政策を学ぶリーダー育成プログラムとして、中部ESD拠点は2016年度から「中部サステナ政策塾」事業を開始しました。この交流会では、2017年度(第2期)の塾生が政策塾の活動成果報告、および、政策提言の発表を行います。地域課題に取り組む様々な立場の方や一般参加者を交えたグループ討論を通して、次世代を担う若者が持続可能な社会を実現するために考えるべき政策について議論します。

参  加:自由・無料(年齢、ご所属を問わず、広く一般の方を募集いたします)

 

<プログラム>

13:00 開会の挨拶 飯吉 厚夫(中部サステナ政策塾 塾長、中部大学 理事長・総長)

13:10 趣旨説明  古澤 礼太(中部サステナ政策塾 事務局長、中部大学 准教授)

13:20 活動成果の紹介(2017年度実施活動について)

―講座(座学)の成果報告 堤 優菜(塾生)

―フィールドワークの成果報告 大島 孝士(塾生)

―国際会議派遣(国内)の成果報告 北川 陵太郎(塾生)

―国際会議派遣(国外)の成果報告 横山 真輔(塾生)

13:35 政策提言発表 (塾生)

野田 真吾、久田 邦博、葛原 祐季、高木 善英、丸山 純平、田中 嵩久、後藤 吉輝、堤 優菜、千葉 月香、北奥 順子、志智 央、横山 真輔、大島 孝士、佐藤 駿、中井 有沙、浅野 麻里奈、大橋 祐介、堀田 真悟、北川 陵太郎

15:05 地域活動の紹介(1分間プレゼンテーション)

―伊勢・三河湾流域圏ESD活動関連団体

小浦 嘉門(22世紀奈佐の浜プロジェクト 代表)、藤崎 昇(NPO法人もりずむ 理事長)、諸戸 靖(輪中の郷 元館長)、筒井 信之(はんだ運河の会 副会長)、松田 章子(NPO法人トルシーダ)

―国内のESD地域拠点(RCE) ユースメンバー

土谷芽衣・塚原 佑奈(RCE北九州)、延藤 裕之(RCE岡山)、福田 百・段鐘玲(RCE兵庫神戸)、

若林 由佳・長浜 宏海(RCE横浜)、高橋 苗七子(RCE北海道道央)

15:15 休憩

15:25 グループ討論 塾生、講師、討論者、参加者

16:20 全体討論

コメンテーター:

山本 保(第2回講師、愛知県政策顧問)、金澤 一輝(第6回講師、元JFEホールディングス専務)、三浦 陽一(中部サステナ政策塾 顧問、中部大学 教授)、鈴木 郁乃(国連大学サステイナビリティ高等研究所ESDプログラム シニア・プログラム・アソシエイト)

総括 石田 芳弘(中部サステナ政策塾 顧問、元犬山市長)

16:55 閉会の挨拶 竹内 恒夫(中部ESD拠点協議会 運営委員長、名古屋大学大学院 教授)

17:00 終了

17:15~18:30 情報交流会 テーマ:味わって考える伊勢・三河流域圏のサステナビリティ(参加費:500円)

講師:松沢 政満(福津農園 農園主)、伊藤 邦夫(ゲーリーパワーイングリッシュ 代表)

 

お問合せ:

中部ESD拠点協議会 事務局

〒487-8501 愛知県春日井市松本町1200 中部大学 リサーチセンター

TEL:0568-51-7618 FAX:0568-51-4736

E-mail:office@chubu-esd.net