国連「持続可能な開発のための教育(ESD)の10年」の地域拠点『中部ESD拠点』

文字サイズ
イベント案内

ホーム > イベント案内

イベント案内

「中部サステナ政策塾」第8回講座

「中部サステナ政策塾」第8回講座
テーマ:まちづくりとサステナビリティ

日時:2018年12月20日(木)18:00-20:00
場所:中部大学名古屋キャンパス(6階大ホール)
愛知県名古屋市中区千代田5-14-22 (JR鶴舞駅 名大病院口出てすぐ)
主催:中部ESD拠点協議会
助成:地球環境基金  協力:愛知学長懇話会

 

プログラム

18:00 開会の挨拶・講師紹介
第一部
18:10 講演①:「名古屋をチャンスのある街に!」
  講師:藤井 英明 (㈱ゲイン代表取締役会長)

講演②:「地域を生かすまちづくりの実践」
  講師:加藤 慎康 (美濃加茂市まちづくりコーディネーター)

第二部
19:10 塾生によるグループディスカッション

 

講師プロフィール

藤井 英明先生(株式会社ゲイン 代表取締役会長)

長野県生まれ。1987年(株)ゲイン創立・月刊ケリー創刊。ゲイン代表取締役会長・公益財団法人にっぽんど真ん中祭り文化財団理事・公益財団法人横山美術館理事。栄ミナミ音楽祭・栄ミナミ男声合唱団立ち上げ。レゴランド誘致活動。名港水上芸術花火・はなびFes立ち上げ。官民協力の街づくりと活性化活動中。

 

加藤 慎康先生(美濃加茂市 まちづくりコーディネーター、大ナゴヤ大学 初代学長、公益財団法人あいちコミュニティ財団 理事)

愛知県名古屋市生まれ。2009年9月、「大ナゴヤ大学」を開校。学長に就任。2013年4月 「名古屋テレビ塔株式会社」にて久屋大通再生社会実験 事務局を担当。テレビ塔60周年プロジェクトとまちづくりに取り組む。2016年5月より美濃加茂市「まちづくりコーディネーター」として、名古屋圏域での経験やネットワークを活用して地域づくりに取り組んでいる。

 

**********************************************
中部サステナ政策塾の概要
目的:持続可能な地域のための政策立案・提言ができる人材(ポリシー・メーカー)を育成します。
講座:ゲスト講師による講演とディスカッションなどの座学と、地域でのフィールドワークを実施します。
講師:政治家・学識経験者・企業家・NPO関係者など、第一線で活躍する多彩なゲスト講師を迎えます。
期間:2018年6月~2019年2月、座学とフィールドワークの合計10回開催。
塾生:20-30代の若者約30名   詳しくはホームページへ(http://sustena-policy.jpn.org
**********************************************
お問合せ先
中部ESD拠点協議会 事務局  E-mail: office@chubu-esd.net
FAX: 0568-51-4736 TEL: 0568-51-7618

「中部サステナ政策塾」第7回講座

「中部サステナ政策塾」第7回講座
テーマ:多様な主体の参加によるサステナブルな地方政治
日時:2018年11月15日(木)18:00-20:00

場所:中部大学名古屋キャンパス(6階大ホール)

愛知県名古屋市中区千代田5-14-22 (JR鶴舞駅 名大病院口出てすぐ)

主催:中部ESD拠点協議会

助成:地球環境基金

協力:愛知学長懇話会

 

プログラム

第一部
講演 「 地方創生時代の地方政治」
  講師:北川 正恭(早稲田大学名誉教授、元三重県知事)
  コメンテーター:後 房雄(名古屋大学大学院法学研究科 教授/中部大学 中部高等学術研究所 客員教授)
第二部
ディスカッション 塾生によるディスカッション

 

講師プロフィール

北川 正恭先生(早稲田大学名誉教授、元三重県知事)

1944年生まれ。1983年衆議院議員当選(4期連続)。1995年、三重県知事当選(2期連続)。「生活者起点」を掲げ、ゼロベースで事業を評価し、改革を進める「事業評価システム」や情報公開を積極的に進め、地方分権の旗手として活動。達成目標、手段、財源を住民に約束する「マニフェスト」を提言。2003年4月より早稲田大学政治経済学術院教授。現在、早稲田大学名誉教授、「新しい日本をつくる国民会議」(21世紀臨調)共同代表。

 

**********************************************

中部サステナ政策塾の概要

目的:持続可能な地域のための政策立案・提言ができる人材(ポリシー・メーカー)を育成します。

講座:ゲスト講師による講演とディスカッションなどの座学と、地域でのフィールドワークを実施します。

講師:政治家・学識経験者・企業家・NPO関係者など、第一線で活躍する多彩なゲスト講師を迎えます。

期間:2018年6月~2019年2月、座学とフィールドワークの合計10回開催。

塾生:20-30代の若者約30名   詳しくはホームページへ(http://sustena-policy.jpn.org

**********************************************

 

お問合せ先

中部ESD拠点協議会 事務局

E-mail: office@chubu-esd.net

FAX: 0568-51-4736      TEL: 0568-51-7618

「中部サステナ政策塾」第6回講座

中部サステナ政策塾 第6回講座

第2回フィールドワーク

テーマ:地方議会とサステナビリティ

 

日時:2018年11月11日(日)13:00~19:00

場所:犬山市

懇談会会場:石田芳弘事務所 犬山市大字犬山字東古券773番地

趣旨:地方議会は、持続可能な社会づくりに関する政策を実現するために不可欠です。本フィールドワークでは、犬山市民フリースピーチ制度などの新しい取り組みをおこなう犬山市議会から、議長のビアンキアンソニーさんと副議長の柴山一生さんをお招きして地方議会の改革についてお話を伺い、サステナビリティとの関連を考えます。また、犬山の城下町を活かしたまちづくりについても学びを深める予定です。

費用:自己負担(交通費以外は、犬山城入場料550円がかかります)

 

プログラム

14:00 名鉄犬山駅改札口前集合・趣旨説明
14:05 移動・犬山城/資料館見学
15:30 休憩(カフェ)
16:00 講義とまちあるき
講師:長谷川 勲(まちづくり会社副社長)
17:40 休憩
18:00 講演会
講師:ビアンキ アンソニー (犬山市議会議長)
柴山 一生 (犬山市議会副議長)
久世 高裕  (犬山市市議会議員)
石田 芳弘 (中部サステナ政策塾顧問)
19:30 移動
20:00 名鉄犬山駅解散

「中部サステナ政策塾」第5回講座

「中部サステナ政策塾」第5回講座

テーマ:ディーセント・ワーク:人間らしい,働きがいのある仕事

 

日時:2018年10月18日(木)18:00-20:00

場所:中部大学名古屋キャンパス(6階大ホール)

愛知県名古屋市中区千代田5-14-22 (JR鶴舞駅 名大病院口出てすぐ)

主催:中部ESD拠点協議会

助成:地球環境基金

協力:愛知学長懇話会

 

プログラム

18:00-18:05 開会の挨拶
18:05-19:15 パネルディスカッション
  パネリスト:原田 さとみ 氏(エシカル・ベネロープ㈱代表取締役)
        戸田  友介 氏(株式会社M-easy代表取締役)
19:15-19:55 塾生によるグループディスカッション
19:55-20:00 講評

 

講師プロフィール

原田 さとみ 先生(エシカル・ベネロープ㈱代表取締役)

1987年モデルデビュー後、東海圏を中心にタレントとして活動。パリ留学を経て、名古屋にて洋服のお店を経営。エシカル・ペネロープ(株)設立。その他の活動に、フェアトレード名古屋ネットワークFTNN代表、一般社団法人日本フェアトレード・フォーラム理事として、フェアトレードタウン推進に取り組んでいる。「エシカル・ファッションショー&フェアトレード・トークショー」を各イベントにて主催・企画・出演を自ら行う。

 

戸田 友介 先生(株式会社M-easy代表取締役)

1981年、愛知県北名古屋市に生まれる。2009年9月から2012年3月、豊田市と東京大学との産官学連携過疎対策事業「日本再発進!若者よ田舎をめざそうプロジェクト」に取り組んだことをきっかけに2011年3月旭地区に移住。

妻、移住してからうまれた3人の子どもたちと5人家族。地域会議委員や、自治区の役員など、さまざまな地域の役割を担い、2015年からは旭と小原の新聞販売店を引き受けるなど、暮らしと仕事の両面で、暮らし続けていける地域づくりに取り組んでいる。2017年10月より、つくラッセル推進コンソーシアムの代表機関として、築羽小学校跡地を活用した、子どもからお年寄りまで、暮らし、はたらける、場所づくりを進めている。

 

 

「中部サステナ政策塾」第4回講座

「中部サステナ政策塾」第4回講座フィールドワーク

テーマ:「長良川流域圏のサステナビリティを考える」

 

  • 開催目的

中部サステナ政策塾では,地域課題を現地で学び,課題解決に向けた方法や政策を考えることを目的としたフィールドワークを,東海三県内(伊勢・三河湾流域圏内)で実施しています.今年度のフィールドワークは長良川流域圏を対象に,上流では里山保全のための獣害対策と猟師文化など,自然と人々の暮らしの共生について学びを深めます.また,長良川流域における自然の恵みと自然の脅威の両側面を学ぶため,中流・下流では,内水面漁業(漁協)や輪中集落(堤防で囲まれた集落)を訪問し,流域に暮らす人々の生活の知恵から地域の持続可能性を考えます.

 

  • 開催日時

2018年10月13日(土)~14日(日)一泊二日

 

  • 行先

愛知県犬山市、岐阜県 郡上市,美濃市,関市,三重県 桑名市

 

プログラム

10月13日(土)1日目
8:00 名古屋駅出発
9:00 木曽川観光乗船場 到着(愛知県犬山市)
  講師:石田 芳弘 氏(中部大学 客員教授)
12:00 清流長良川鮎パーク 到着(岐阜県郡上市白鳥町)
  講師:朱 琳 氏(中部大学 講師)
14:30 猪鹿庁 到着(岐阜県郡上市八幡町)
  講師:安田 大介 氏
17:00 宿泊施設チェックイン(岐阜県郡上市白鳥町)
17:30 夕食(準備含む)
 ~長良川流域の食材からサステナビリティを考える~
   講師:伊藤 邦夫 氏
20:00 自由
23:00 消灯
10月14日(日)2日目
6:00 起床
6:30 朝食
9:00 長良川中央漁業協同組合 到着(岐阜県美濃市)
  講師:小林 浩也 氏
10:40 関鍛冶伝承館 到着(岐阜県関市)
11:45 昼食(けいちゃん・からあげ 食事 香月)
14:00 アクアプラザながら 到着(三重県桑名市長島町)
15:00 輪中の郷 到着(三重県桑名市長島町)
  講師:諸戸 靖 氏
17:45 第5回ESD日本ユース・コンファレンス
19:00 名古屋駅・解散